2017年6月17日土曜日

熊の手を食べる

猟の師匠である「八珍」の
宮澤さんから
熊の手が手に入ったと連絡が
来たのは3月。
触ってみたいし食べてもみたいから
冷凍保存を頼んだ。
宮澤さんも熊の手を料理した
ことがないので研究するという。
珍しい体験になりそう
なので「狩猟生活」鈴木編集長に
伝えたら、記事にしたいと即答。
で、とうとうその日がきました。
サイズはぼくの手より
一回り小さいくらい。
熊は100キロ程度の大きさだったらしい。
あ、長野だからツキノワグマです。
毛をバーナーで焼いてます。
掌が黒いのは、直前に"熊拓"を
とったからであります。
実際はもっと薄い色。
煮る、煮る、煮る
湯を替えながら5時間
(その前に圧力釜で20分)
アクを取り臭みを抜く作業
皮をはぎ
爪を抜く
八角を効かせて中華風に仕上がった。
これにソースを絡めて食す。

僕たちは豚足を食べたりするわけで
熊だから味が特殊なわけではない。
写真の上がわが手のひらの部分で、
分厚い脂肪の下には肉もあり、
合わせて食べたらとても良かった。
左側の黒っぽいのは肉球。
細く切ってソースにつけて食べます。
肉球そのものには味はないけど
コリコリとした食感で、
酒飲みだったら喜びそう。
詳しくは8月末発売の
「狩猟生活」vol.2で執筆予定。

2017年6月3日土曜日

北尾トロ仕事帖2017.5月



 
 
2017.5月
この1ヶ月は、ここ1年で最も東京滞在日数が少なかった。
飛行機にのるため羽田往復したのを除くと
上京2回、ヤドカリ4泊である。
その代わり週刊文春の出張が入り、博多と高知で3泊。
博多は、取材後、門司港の実家に2晩泊まった。
仕事面ではdanchuでピロシキの企画をやれたのが
嬉しい出来事で、これはもう個人的に興味津々というか
やる気満々、料理も習ったし店へもたくさん行った。
ずっとピロシキ、ピロシキと
言い続けてたら仕事になったパターン。
結果、ピロシキづくりに自信が持てるようになったのは収穫だなぁ。
木曽にもけっこう詳しくなってきて、
ドライブ行ってみたりとかさ。
そういう遊び方が好きなんだ。
なんせ普段地味なんで。
ゲラ読みとか、修行みたいだもんな。
来月は待望の町中華連載用原稿の
ストックづくりが始まる。
あいかわらずの貧乏暇なしなんです。

<原稿>
・オービス部 ネズミ捕りで人生のスイッチが入った
(「マニアッ区紳士録」第19回 ラジオライフ 三才ブックス 4P)
・ピロシキより愛をこめて(danchu7月号 プレジデント社 12P)
 
・本と照明、理想の関係は? 光を求めて我らは
(トロイカ学習帳 第111回 ダ・ヴィンチ KADOKAWA 5P)
・「行き止まり鉄道の旅」文庫化作業(河出書房新社)
・町中華探検隊がゆく!(第23回「鶴の恩返し」散歩の達人7月号 交通新聞社 2P)
・木曽ストーリーテラー冊子業務(SCOP)
・北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第12回(プレジデントオンライン)
・裁判所は人生劇場 第5回(法学セミナー8月号 日本評論社 2P)

<コメント>
・『裁き』(インド映画)(トレノバ)

<ラジオ>
・「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)
 













2017年5月13日土曜日

もうすぐ新しい本が出る

『欠歯生活 歯医者嫌いのインプラント放浪記』の見本が届いた。
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163904030

いつもそうだが新刊ができるのは嬉しく、今回も良い感じのブックデザインである。

トラブル続きと歯医者嫌いのせいめ足かけ15年がかりの治療となっただけでなく、ぼくは7本もの人工歯根(インプラント)持ちになってしまった。この本は、そうなる経緯を書いたものだ。
体験ベースの書き手だから、
自分の身に起きたことを題材にするのは慣れているけど、
口の中のことで本を作るのは、自分が素っ裸になるような恥ずかしさが伴った。
だってばかみたいなんだよつくづく。
周囲の理解など得られないし、金は羽が生えたように飛んでいくし、
欠歯がなくなったところで誰からもホメてもらえないどころか
変化にも気づいてもらえない。
でもきっと他人事じゃないはずだ。
健康的な歯の持ち主には笑って読んで欲しい。
歯に悩みを抱えた人も、ぼく以下はめったにいないと思うので、なんらかの参考になるかもしれない。http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163904030

2017年5月4日木曜日

北尾トロ仕事帖2017.4月

4月は落ち着きがなくて、上京5回。
滞在は松本17日、東京13日だった。
上京の目的は取材と打合せがほとんどだが
なかなか日程を思い通りに
組むことができないでいる。
仕事面では、そういう僕の暮らしぶりを題材にした
ヤドカリ生活の私的レポが
ウェブマガジン『別冊文藝春秋』で始まる。
<原稿>
・中山道部 地理の先生、街道をゆく 
(「マニアッ区紳士録」第18回、ラジオライフ、三才ブックス 4P)
・「恋の方程式」連載→文庫化用加筆後半(朝日新聞出版)
・不思議な「ふんだりけ」(danchu6月号 プレジデント社 2P)
・渾身・傑作・泣ける・徹夜必至 編集者は「帯」で読者をナンパする!?
(トロイカ学習帳 第110回 ダ・ヴィンチ KADOKAWA 5P)
・木曽ストーリーテラー冊子業務(SCOP)
・町中華探検隊がゆく!(第22回 豊洲「いちむら」
(散歩の達人6月号 交通新聞社 2P)
・北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第11回(プレジデントオンライン)
・裁判所は人生劇場 第4回(法学セミナー7月号 日本評論社 2P)
新連載(仮)ヤドカリ(別冊文藝春秋 約30枚)
<ラジオ>
・「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)
<今月のハナ宿女将>
  

2017年4月4日火曜日

北尾トロ仕事帖2017.3月

2017.3月


年度末とあって、世間はあわただしいようで
普段世間のペースとそれほど関係なく過ごしているぼくにも影響がある。
今年に入りSCOPという松本のNPO法人の仕事が始まったが、
これはクライアントが行政ってやつ。
こういう仕事は慣れてないので戸惑うばかり。
あとはレギュラー書いて単行本の校正やって新企画の仕込み。
よく働いた3月でした。

やっぱり新しい企画を考えるのは楽しいし好きだ。
ひとりで書きたいもの、人とやりたいもの、どっちもいい。
ものになるかどうかは運次第だけどね、これホント。
いい企画だから通るってことでもないのであります。
そもそも、いいとか良くないなんて主観にすぎず、
評価は相手によって変わるのだ。

あとはダ・ヴィンチの取材で、宮城県の猫島(田代島)へ出かけた。
猫まみれになりに。

<原稿>
・木曽ストーリーテラー冊子業務(SCOP)

・猫の里親を探す猫(別冊週刊女性『猫づくし(仮)』主婦と生活社 2P)
・未承認国家旅行部 あるけどない場所へ、旅は続く(「マニアッ区紳士録」第17回、ラジオライフ、三才ブックス 4P)
・町中華探検隊がゆく!(第21回「一番」散歩の達人5月号 交通新聞社 2P)
・今月はニャ・ヴィンチ!! どこまで続く?猫本の神通力(トロイカ学習帳 第109回 ダ・ヴィンチ KADOKAWA 5P)

・北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第10回(プレジデントオンライン)
・裁判所は人生劇場 第3回(法学セミナー6月号 日本評論社 2P)
・欠歯生活あとがき他(単行本 文藝春秋)

<ラジオ>
・「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)

<テレビ ON AIR>
・「ぶらぶら町中華」
3.19 #1#2
3.26 #3#4 (30分×4本 CS朝日)

<電書発行>
・「季刊レポ」vol.16~20号(イーブックジャパン)

2017年2月28日火曜日

北尾トロ仕事帖2017.2月

2017.2月


 2月は毎年時間の流れが早い。中盤過ぎたら一気だ。
また、今月はCS朝日「ぶらぶら町中華」の収録が3日もあったので、
他の要件と合わせて上京スケジュールを4度も組むことになった。
ハナ宿7泊、民宿ミヤサカ1泊、シスタH1泊の計9泊。
ぎゅうぎゅうに打合せなど詰め込み、
毎週上京している勘定。
実際に書いた原稿での動きより、
難航している企画、
春以降の連載のことで頭が一杯になっている。
そんななか、
「デヴィッド・ボウイis」の展示@寺田倉庫にいけたのと、
ようやく『この世界の片隅に』を観ることができたのは、
心に栄養の補給をしたような感じがした。


<原稿>
・町中華特集(サンデー毎日 毎日新聞社 3P<下関マグロと共同執筆>)
・たまごかけごはんの可能性(danchu プレジデント社 食べ役&コメント)
・ジビエは町を変えるか~奈良県五條市の挑戦(狩猟生活 地球丸 4P)
・朝日村総覧企画編集業務(SCOP)
・爆音浴部 でっかい音をシャワーのごとく(「マニアッ区紳士録」第16回、ラジオライフ、三才ブックス 4P)
・欠歯生活最終章その他(単行本 文藝春秋)
・心を震わす言葉の魔力 泣ける本は最強なのか!?(トロイカ学習帳 第108回 ダ・ヴィンチ KADOKAWA 5P)
・北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第9回(プレジデントオンライン ネット原稿)
・町中華探検隊がゆく!(第20回「オトメ」散歩の達人4月号 交通新聞社 2P)
・ディープ東京特集町中華座談会(散歩の達人4月号 交通新聞社)
・裁判所は人生劇場 第2回(法学セミナー5月号 日本評論社 2P)
<テレビ>
・「ぶらぶら町中華」#1#2#3#4収録(30分×4本 CS朝日)
<ラジオ>
・「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)
<電書発行>
・「季刊レポ」vol.11~15号(イーブックジャパン)
<受取材>
・大人のビール好きのたしなみ講座 日本の侘び寂びを感じる「町中華」の愉しみ(YEs! MAGAZINE サッポロビール webマガジン)