2018年9月4日火曜日

北尾トロ仕事帖2018年8月(ぶらぶらしたり畑で遊んだり)

TBSラジオ「たまむすび」で赤江珠緒さん、ピエール瀧さんと



伊能忠敬をテーマにした「ダ・ヴィンチ」連載
散歩の達人は谷中の「一寸亭」

2018.8月
8月は町中華本を仕上げるために仕事をセーブしていたら
出版社の都合によって本の出版時期が
来年に延期されてしまった。
この業界ではよくあることである。
そのため仕事が暇になったわけだが、

夏は労働意欲が著しく低いのに、
これまであまり、ゆっくりできたことはなかったので
のんびり過ごすことにした。
いまおもしろいのは畑なので
早起きして水やり、草刈りに精を出し、
いろんあ野菜が収穫できた。
個人的にはひょうたんに力を注いでいるが…。
10月から西日本新聞でコラム50回書く仕事が入ってきたので
月末は九州の実家に行き、
我が少年時代の足跡をたどった。
記憶と事実との乖離が激しくて驚く。
だが、逆にそれこそがおもしろいと
考え方を切り替えたら、すべての過去が輝き出すのだ。
<原稿>
朝は鳥撃ち猟師、夜はフレンチのシェフ
(狩猟生活vol.4 地球丸)
「マニアッ区紳士録」34回 昭和グッズ収集部
いちばん大事なものは秘密です
(ラジオライフ 三才ブックス)
トロイカ学習帳 第126回 
日射しに負けるな!忠敬ウォーク
その地図の、海岸線に進路を取れ!!
(ダ・ヴィンチ KADOKAWA)
町中華探検隊がゆく!第38回 
(散歩の達人10月号 交通新聞社)
北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第27回
(プレジデントオンライン)
裁判所は人生劇場 第20回
(法学セミナー9月号 日本評論社)

<ラジオ>
「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)
「赤江珠緒たまむすび」(TBSラジオ)
通った小学校を訪ねてみた

2018年8月11日土曜日

メールマガジン「日刊トロマガ」について

メールマガジンを発行し始めたのは2000年か2001年、ネット古書店「杉並北尾堂」を初めて魔もない頃だから、かれこれ16~17年前。新入荷した本の情報を流すのがおもな目的だった。
それだけではつまらないから、無理をせずに続けられるコンテンツとして日記を書くようになった。「杉並北尾堂」を休止しても、メルマガの発行は継続し、現在に至る。発行数はひと月に20~25回だろうか。それまで日記をつける習慣はまったくなく、飽きっぽい性格なのに、いまでも続いていることにびっくりだ。
内容は日々の出来事と食事内容くらいのもので、忙しいときは「終日自宅」で終わったりする。時間に余裕のあるときは長々と書くこともあり、そのあたりは気分次第だが、備忘録的な面が強い。
読者にとって有益な情報はほとんどないと思うんだけど、長年購読してくれている人は、僕の行動パターンや食生活、仕事状況などに関して本人以上に詳しい人がいたりして驚かされることがたびたびある。
きわめてマイペースで発行しているメルマガだが、ときどき「どうすれば登録できるのか」と問い合わせをいただくことがある。このブログをずっと下までたどったところに、申込みリンクが設置されているけれど、たしかにわかりにくい。
なので、ここに記しておこう。
以下へ飛んで頂くと、簡単に登録できます。
よろしければ読んでやってください。もちろん無料です。
「日刊トロマガ」
https://archives.mag2.com/0000028077/

2018年8月4日土曜日

北尾トロ仕事帖2018年7月





アマゾンはこちら 新刊「晴れた日は鴨を撃ちに 猟師になりたい!3」


石川県鯖江市で取材
ぶらぶら町中華<宮城編>
ダ・ヴィンチは土山しげる爆読
レストロリン(松本)取材

2018.7月

記録的猛暑だった7月は、シーズン3を迎えることが
決まった『ぶらぶら町中華』静岡ロケからスタート。
秋田、宮城と計12店、5日間の撮影となった。
同番組はCS朝日チャンネルの番組として
スタートしたのだが、
シーズン2の<新潟、長野、福岡編>から、
一部地域の地上波でも放送されるようになっている。
CSから地上波というのは珍しいパターンのようだ。
スタッフとの息も合ってきて
回を重ねるごとに楽しさアップ中。
シーズン4もあるといいが。
6月にシャカリキで原稿を書いていた
『晴れた日は鴨を撃ちに 猟師になりたい!3』も
無事に完成。月末には先行販売イベントも行った。
そうそう、完成とは違うが、
『別冊文春』連載「今晩泊めてくれないか」が最終回。
西荻を引き払ってからのヤドカリ生活を書かせてもらった。
中盤~後半は『狩猟生活』の取材に追われ、
合間に連載仕事や文庫の書き下ろし原稿をこなす日々。
畑の野菜が気になるし、仕事部屋にエアコンがないし
(これまで必要を感じなかったのだ)、早朝と夜に
働いて、あとは休んでいるように自然となった。
夏バテで寝込んだりしたくないもんね。
<原稿>
「マニアッ区紳士録」33回 ボンネット型消防車部
夢が叶ったんじゃない、夢を叶えたんだ
(ラジオライフ 三才ブックス)
山田うどんコメント(週刊プレイボーイno.30 集英社)
「今晩泊めてくれないか 東京ヤドカリ漂流記」第8回(最終回)
(別冊文藝春秋 文藝春秋)
町中華探検隊がゆく!第37回 
(散歩の達人9月号 交通新聞社)
トロイカ学習帳 第125回 
模写と写本で掴む創作術
巨匠の"筆の勢い"を全身で受け止めよ!
(ダ・ヴィンチ KADOKAWA)
巻狩りなど4本
(狩猟生活vol.4 地球丸)
北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第26回
(プレジデントオンライン)
『町中華とはなんだ』文庫化のための加筆、書き下ろし
(KADOKAWA)
裁判所は人生劇場 第19回
(法学セミナー9月号 日本評論社)

<ラジオ>
「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)
「ブルーオーシャン」(TFM)電話出演

<テレビ>
「ぶらぶら町中華」シーズン3
秋田県・宮城県編
(CS朝日チャンネル)

<イベント>
BOOK MARKET信濃毎日新聞社ブース サイン会
・「絶メシリスト高崎」出版記念イベント

鯖江の牛