2019年7月1日月曜日

北尾トロ仕事帖 2019.6月 まじめに新刊プロモーションやってみた


吉岡信洋くんお別れ会にて。(後列)杉江松恋、とみさわ昭仁、
(前列)伊野孝行、北尾、あきやまみみこ、新保信長、犬んこ
レポTVはえのきどいちろうと僕、そしてヨシオカが
レギュラーでやってた番組だった
宮田珠己さんと町中華取材
神保町「康楽」ラストアタック
ダンチューでフレンチに
ダ・ヴィンチ取材にてカメラのハラダ
「法学セミナー」へた絵
2019年6月
『夕陽に赤い町中華』が上旬に発売。
本は放っておいて売れるご時世ではなく、
初版部数も多くはない。
新聞広告などの効果も以前ほどでは。
最近は、本を書いて終わりにしないで
プロモーション活動も熱心にやる著者が増えている。
僕はこれまで、せいぜいトークイベントを行うくらいで
あとは声がかかるとラジオ番組に出たりするだけだった。
でもまあ自分の本なんだし、売れないとガッカリだし、
今回はプロモーション活動を
やれるだけやってみようと思い、
イベント、ラジオ出演、雑誌インタビューなど、
くる話を全部受け、マメに上京の6月となった。
ただ、的確な方法なのかどうかはわからない。
これは多くの書き手がやってる方法をなぞっているだけかもしれず、
これで売れるなら苦労はしないと言われそうだ。
もっと、いまにふさわしいプロモーションの方法が
あるような気もする…。

上京4回、11泊と書けばさほどとも思えないが、
松本でも取材やラジオのレギュラーがあるから、
原稿書いてる時間がどんどん削られてしまう。
まとまった仕事は7月以降に締切を
延ばしてもらってるし。
では、それがつらいかというとそうではない。
僕はナマケモノなので
ヒマならヒマでぼんやりし、やはり書けない。
ちょうどいい忙しさってどのくらいなんだろう。
てか、東京でも書けよって話か。
7月はPC抱えて上京だな。


<原稿>
そして人生は続く 第5回
(法学セミナー8月号 日本評論社)
ヘンケン発掘ラボ 第8回
21世紀の調味料は塩・コショウ・電気!?
デジタルフードエンジニア中村裕美氏
(ラジオライフ 三才ブックス)
豚コマでフレンチ
(danchu 8月号 プレジデント社)
町中華探検隊がゆく!第46回 
(散歩の達人8月号 交通新聞社)
トロイカ学習帳 第136回
最終ページの先にお楽しみが待っている!?
キョーレツ読書体験が人を動かす!
(ダ・ヴィンチ8月号 KADOKAWA)
北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第37回
(プレジデントオンライン)

<イベント>
・夕陽に赤い町中華発刊イベント(東京堂書店 ゲスト田内川真介、6.03)

<受け取材>
・夕陽に赤い町中華インタビュー(サンデー毎日 毎日新聞出版)
・夕陽に赤い町中華インタビュー(夕刊フジ 産経新聞社)
・夕陽に赤い町中華インタビュー(週刊プレイボーイ 集英社)

<ラジオ>
ACTION(TBSラジオ MC武田砂鉄、6.14)
大竹まことゴールデンラジオ(文化放送 6.25)
「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)

2019年6月17日月曜日

北尾トロ仕事帖2019.5月 ヨシオカがいなくなった

「夕陽に赤い町中華」(集英社インターナショナル)

[北尾トロ仕事帖2019.5月]

僕の個人事務所は4月決算なので、5月は年度初めの月である。
なぜかわからないが、例年、のんびりスタートするパターンで、おかげで畑仕事にも時間が割けるというわけだ。まあヒマってことですね。遊んでいる余裕はどこにもないんだけど、こういうものだとあきらめると気が楽だ。フリーランスは山あり谷ありが普通。ヒマだ~忙しくて大変だ~と騒いでもなんにもなんない。出版業界の先行きなんて不透明もいいところだから、ライターは、書くのが好きとかいう以前に、安定志向の人には向かない職業だ。

そんな具合にのほほんと暮らしている僕に、友人のえのきどいちろうからのLINEが入ったのは5月21日(火)の夜だった。ヨシオカと連絡が取れないが何か知らないかという (下へ)




ヨシオカはマメな男だから、LINEメッセージを送ったのに既読にならないのは妙である。僕も電話してみたが、留守電になっていた。心配だ。ツイッター、FBもここ数日投稿が途絶えている。そして翌23日、ヨシオカの友人が自宅へ赴いたところ、部屋の中で永遠の眠りについていたことがわかった。解剖の結果、死因は心不全とされたが、一体何が起きたのか真相はわからないままだ。

ヨシオカこと吉岡信洋との出会いは2011年のことになる。当時僕はノンフィクション雑誌『季刊レポ』を編集発行しはじめたところだった。事務所が西荻にあり、雑誌ができると執筆者などが集まって発送作業をするようなインディーズ雑誌だったが、2010年の創刊以降、日々目まぐるしい展開の中で右往左往しながら過ごしていた。雑誌の存在をアピールしたいのと、新しいメディアとしての動画配信に興味があって、ユーストリーム番組で『レポTV』というのを友人で執筆者のひとりでもある、えのきどいちろうと始めることに。どうせやるならというので、毎週放送しようと決めた。
ヨドバシへ行って安物のウェブカメラとマイクを買い、最初の放送をしたときだったか、ヨシオカが連絡してきたのだ。画像も音も不安定であると書かれ、電話番号が添えられていた。それで確か番組中に電話をし、手伝いに来てほしいと頼んだら、翌週やってきた。それが最初だった。えのきどさんとは過去にやり取りをしたことがあるらしかったが、会うのは初めてだという。僕はこの流れは面白いと思い、フリーのラジオマンであるヨシオカに協力を仰ぐことにした。こうして吉岡信洋は、"技術のヨシオカ"という名称でレギュラースタッフになったのだ。

ヨシオカはマニアックなラジオファンであり、熱心なえのきどいちろうファンでもあった。えのきどさんの前では少し緊張気味で、そのことをからかうと「あたりまえじゃないすか。えのきどいちろうですよ」と少し怒ったりした。じゃあ僕はどうなんだと詰め寄ると「トロさんはまあ、その調子でいいです」と口を濁すのだった。番組トークに関し、ヨシオカからほめられたことは一度もなかった気がする。
『レポTV』に報酬はない。それどころか交通費も自腹である。えのきどさんも僕もそうだったので、助っ人のヨシオカだけ特別扱いするのはなしだろ、と僕は勝手に決めてしまった。『レポTV』は雑誌がなくなっても月イチの放送とかで続いた。200回は軽く超えただろう。少なくとも、2011年から16年にかけて、家族以外でもっともひんぱんに会っていたのは、えのきどいちろうであり、ヨシオカだった。
最後は2018年初頭だったか、小岩の「クラフト酒店」2階で収録したのだと思う。東日本大震災直後もやったし、被災地の仙台「火星の庭」からも放送した。ヨシオカの尽力でラジオ福島に出演したこともあった。雑誌が終りを迎えるとき、終えることも当然考えたけれど、ヨシオカに却下された。

気がつくとヨシオカはレポ関連のイベントを放送するしないに関わらず収録するようになり、宴会部長として底なしの飲みっぷりを発揮し、僕と下関マグロが町中華探検隊の活動を始めてからは広報を担当。えのきどさんのツイッター中の人も買って出るなど、プロ裏方というか(無報酬だけど)、独自の動きを見せるようになっていた。そういうのが好きな男だったのだ。いつもそば(背後)にいて、あれこれ世話を焼いてくれる。僕だけではなく、いろんなところで親切に、自分の技術と経験を提供していた。

そのヨシオカが急に視界から消えてしまった。
亡くなって数日間、予約配信された情報がツイッターにアップされるたび、僕は「ヨシオカいるじゃん」と叫びそうになった。でも、もういないのだ。天に還ったのだ。僕はとうとう最後までヨシオカの好意に甘えっぱなしのまま、唐突に別れの日を迎えてしまったのだ。
あのなぁヨシオカ、こっちは気持ちの持っていきようがないんだよ。挨拶くらいしてからいなくなれよ。(下へ)
ラジオマン吉岡信洋(享年46)
撮影/濱津和貴
30日、川崎市の火葬場にはレポの関係者もたくさん集まった。みんな口々に信じられないと言い、でも事実なんだと肩を落としていた。
人は簡単に死んでしまう。19歳のとき、夕方には元気だった父がその夜亡くなる経験をしてから、そういうものだということはわかっているつもりだ。だけど、いつまでたっても慣れることはできない。慣れたくもない。

いなくなったヨシオカが僕になにかいうとしたらなんだろな。
「オレ、もう無理っすから、そろそろ自分のことは自分でやってくださいよ」とかかな。
「わははは、ったくもう、しっかりしてくださいよ~」
あの豪快な笑い声が耳にこびりついて離れない。

[今月の仕事]
                 <原稿>
そして人生は続く 第4回
(法学セミナー7月号 日本評論社)
ヘンケン発掘ラボ 第7回
雷光に魅せられてテスラコイルへ
つくば科学株式会社代表 菊地秀人氏
(ラジオライフ 三才ブックス)
裁判員裁判は定着したのか?
(ビッグコミック 小学館)
トロイカ学習帳 第135回
長尺、難解、マニアック…
手強い本は"分担読書"で突破する!
(ダ・ヴィンチ7月号 KADOKAWA)
町中華探検隊がゆく!第45回 
(散歩の達人7月号 交通新聞社)
北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第37回
(プレジデントオンライン)

<受取材>
・町中華インタビュー(メシ通)

<ラジオ>
・「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)

2019年5月6日月曜日

北尾トロ仕事帖2019.4月 本棚スッキリ大作戦

ようやく春になりましたな!
4月はぐちゃぐちゃ&キツキツの本棚をなんとかするため、日曜大工なんかしまして、それも仕事っちゃ仕事(ダヴィンチ「トロイカ学習帳」)だけど、そのまんま自分のためでもあるので、読者代表のつもりで書棚の見直しと改装に取り組んだ。
張り切っておる
参考にしたのは田原町の「Readin' Writin'」と千駄木の「往来堂書店」の棚。僕は事務所を畳むときに数千冊処分して以来、なるべく本を持たないようにしているので、スペースをいかに活用するかがキモとなる。本棚スッキリ大作戦である。熟考の末、書棚内に段重ねできるような棚を設置することに。材料はホームセンターで揃え、簡単な作業で棚が完成すると、横積みによるぐちゃぐちゃが解消された。前後二重での収納はそのままでも、横積みさえしなければ奥を見るのが楽になる。また、小さな仕切りを入れることで空間ごとのまとまりがつきやすい。もっとも手軽に、手持ちの本を整理する手段ではないだろうか。たくさん本を持っている人も、書棚事にこれをすれば効果が上がるだろう。そんな悠長なことやってられる量じゃない人は、キャパシティオーバーなのだから、日頃手に取るため整理する本と、持っていることを優先する収蔵本を分けるべきかもしれない。ぼくならそう考える ↓

Readin'Writein'店内の書棚
往来堂店内の書棚
劇的に整理された北尾の書棚
「散歩の達人」の連載も長くなってきたが、行きたい町中華はまだまだあって、この玉屋さんもやっと取材が実現した1軒。ラーメンスープが素晴らしいのだ。↓
「散歩の達人」で十条の玉屋さんへ
「夕陽に赤い町中華」は再ゲラが出て最終段階に入ったものの、つぎからつぎへと直したい箇所が出てきてなかなか終わらない。とはいえ装幀も固まって完成が見えてきた。今回ははじめて寄藤文平さんのところでデザインしてもらったが、「こうきたか!」って感じで気に入っている。面識はないんだけど、寄藤さんは一度は組みたかったデザイナーだったから、今回実現してうれしい。↓
「法学セミナー」でわけわかんない挿絵を
つぎなるミッションは「南総里見八犬伝」
2019.4月
<原稿>
・「夕陽に赤い町中華」単行本のための修正作業
(集英社インターーナショナル)
「夕陽に赤い町中華」ゲラを見まくってた
・そして人生は続く 第3回
(法学セミナー6月号 日本評論社)
・『裁く眼』(我孫子武丸)文庫解説
(文春文庫 文藝春秋)
・ヘンケン発掘ラボ 第6回
町の発明家の反骨精神が技術の壁を突き破る!?
株式会社G&B代表 阿久津一郎氏
(ラジオライフ 三才ブックス)
・トロイカ学習帳 第134回
小さな書店の大きな魅力
その棚づくりを、いますぐ盗め!
(ダ・ヴィンチ6月号 KADOKAWA)
・町中華探検隊がゆく!第44回 
(散歩の達人6月号 交通新聞社)
・北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第36回
(プレジデントオンライン)

<受取材>
裁判関係コメント(朝日新聞)
なぜ7部も送ってくるのだ朝日新聞
北尾トロさんと松本(松本HONTONO本創刊号)

<ラジオ>
「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)

育て始めた