2017年6月17日土曜日

熊の手を食べる

猟の師匠である「八珍」の
宮澤さんから
熊の手が手に入ったと連絡が
来たのは3月。
触ってみたいし食べてもみたいから
冷凍保存を頼んだ。
宮澤さんも熊の手を料理した
ことがないので研究するという。
珍しい体験になりそう
なので「狩猟生活」鈴木編集長に
伝えたら、記事にしたいと即答。
で、とうとうその日がきました。
サイズはぼくの手より
一回り小さいくらい。
熊は100キロ程度の大きさだったらしい。
あ、長野だからツキノワグマです。
毛をバーナーで焼いてます。
掌が黒いのは、直前に"熊拓"を
とったからであります。
実際はもっと薄い色。
煮る、煮る、煮る
湯を替えながら5時間
(その前に圧力釜で20分)
アクを取り臭みを抜く作業
皮をはぎ
爪を抜く
八角を効かせて中華風に仕上がった。
これにソースを絡めて食す。

僕たちは豚足を食べたりするわけで
熊だから味が特殊なわけではない。
写真の上がわが手のひらの部分で、
分厚い脂肪の下には肉もあり、
合わせて食べたらとても良かった。
左側の黒っぽいのは肉球。
細く切ってソースにつけて食べます。
肉球そのものには味はないけど
コリコリとした食感で、
酒飲みだったら喜びそう。
詳しくは8月末発売の
「狩猟生活」vol.2で執筆予定。

2017年6月3日土曜日

北尾トロ仕事帖2017.5月



 
 
2017.5月
この1ヶ月は、ここ1年で最も東京滞在日数が少なかった。
飛行機にのるため羽田往復したのを除くと
上京2回、ヤドカリ4泊である。
その代わり週刊文春の出張が入り、博多と高知で3泊。
博多は、取材後、門司港の実家に2晩泊まった。
仕事面ではdanchuでピロシキの企画をやれたのが
嬉しい出来事で、これはもう個人的に興味津々というか
やる気満々、料理も習ったし店へもたくさん行った。
ずっとピロシキ、ピロシキと
言い続けてたら仕事になったパターン。
結果、ピロシキづくりに自信が持てるようになったのは収穫だなぁ。
木曽にもけっこう詳しくなってきて、
ドライブ行ってみたりとかさ。
そういう遊び方が好きなんだ。
なんせ普段地味なんで。
ゲラ読みとか、修行みたいだもんな。
来月は待望の町中華連載用原稿の
ストックづくりが始まる。
あいかわらずの貧乏暇なしなんです。

<原稿>
・オービス部 ネズミ捕りで人生のスイッチが入った
(「マニアッ区紳士録」第19回 ラジオライフ 三才ブックス 4P)
・ピロシキより愛をこめて(danchu7月号 プレジデント社 12P)
 
・本と照明、理想の関係は? 光を求めて我らは
(トロイカ学習帳 第111回 ダ・ヴィンチ KADOKAWA 5P)
・「行き止まり鉄道の旅」文庫化作業(河出書房新社)
・町中華探検隊がゆく!(第23回「鶴の恩返し」散歩の達人7月号 交通新聞社 2P)
・木曽ストーリーテラー冊子業務(SCOP)
・北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第12回(プレジデントオンライン)
・裁判所は人生劇場 第5回(法学セミナー8月号 日本評論社 2P)

<コメント>
・『裁き』(インド映画)(トレノバ)

<ラジオ>
・「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)
 













2017年5月13日土曜日

もうすぐ新しい本が出る

『欠歯生活 歯医者嫌いのインプラント放浪記』の見本が届いた。
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163904030

いつもそうだが新刊ができるのは嬉しく、今回も良い感じのブックデザインである。

トラブル続きと歯医者嫌いのせいめ足かけ15年がかりの治療となっただけでなく、ぼくは7本もの人工歯根(インプラント)持ちになってしまった。この本は、そうなる経緯を書いたものだ。
体験ベースの書き手だから、
自分の身に起きたことを題材にするのは慣れているけど、
口の中のことで本を作るのは、自分が素っ裸になるような恥ずかしさが伴った。
だってばかみたいなんだよつくづく。
周囲の理解など得られないし、金は羽が生えたように飛んでいくし、
欠歯がなくなったところで誰からもホメてもらえないどころか
変化にも気づいてもらえない。
でもきっと他人事じゃないはずだ。
健康的な歯の持ち主には笑って読んで欲しい。
歯に悩みを抱えた人も、ぼく以下はめったにいないと思うので、なんらかの参考になるかもしれない。http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163904030