2017年9月2日土曜日

北尾トロ仕事帖2017年8月

文庫が2冊、同時発売。
「いきどまり鉄道の旅」(河出文庫)
「恋の法廷式」(朝日文庫)
8月は苦手な季節である。
ヨレヨレなのである。
松本ならまだいいが、東京の夏はなるべく避けたい。
とはいえカミさんの実家は東京なので、
お盆前後に1週間ほど滞在したりし
トータルで2週間ほどはいたのだが。
仕事的には文庫が2冊出たものの、
執筆ペースが鈍くなり、
編集者に迷惑をかけがちだ。
夏バテ?スランプ?と考えたが、
8月後半から涼しくなっても
状況が変わらないってことは
生来のなまけ癖が抑えきれないだけだろう。
なまけるのは気持ちいいもんなあ。
でも、ま、
9月はまず締め切りを守ることから立て直したい。
使い込まれた中華鍋。こういうのにシビレる
今月の新しいヤドカリ場所
 

 
<書籍>

<原稿>
・熊掌料理 ツキノワグマの手を食べる(「狩猟生活」第2号 地球丸 4P)
・島根県美郷町の挑戦(「狩猟生活」第2号 地球丸 4P)
・境界線探索部 地図がなけりゃ仕事も遊びもままならぬ (「マニアッ区紳士録」第22回 ラジオライフ 三才ブックス 4P)
・「好き」が生み出すエンタメ専門書 ネオ生き物本は生き方本だ!?(トロイカ学習帳 第114回 ダ・ヴィンチ KADOKAWA 5P)
・北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第15回(プレジデントオンライン)
・町中華探検隊がゆく!(第26回「美華」(西大井)散歩の達人10月号 交通新聞社 2P)
・『猟師になりたい!2』文庫版あとがき(KADOKAWA)
・裁判所は人生劇場 第8回(法学セミナー10月号 日本評論社 2P)

<ラジオ>
・「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)

<受取材>
・最近の裁判所(弁護士ドットコム インタビュアー:高橋ユキ)

電子タバコに変えてみた

2017年8月7日月曜日

文庫2冊同時発売!

『恋の法廷式』が朝日文庫から、
『いきどまり鉄道の旅』が河出文庫から
2冊同時発売、なんて書くと
狙ってやったみたいだけど、
たまたまそうなってしまったのである。

『恋の法廷式』(朝日文庫)
http://u0u1.net/F8A2
『いきどまり鉄道の旅』(河出文庫)
http://u0u1.net/F8A5

どうか売れますように。

表紙の雰囲気がまったく違うので
同じ著者とは思えないかもしれない。
恋愛裁判傍聴記は派手。
旅行記はかわいらしい。
タイトルから察せられるように、
前者は恋愛絡みの事件に絞った傍聴記。
「週刊朝日」と「法学セミナー」で
連載したコラムをまとめた文庫オリジナル作品だ。
後者は鉄道の盲腸線を訪ね歩いた旅行エッセイ。
旅行といっても鉄道マニアではなく、
終わりがどうなってるかみたい一心で
出かけていった。それが本になるほど続いたのは
そこはかとないおもしろさが各路線にあるからだ。
文庫化にあたり「季刊レポ」に書いた1編も
収録したんで読んで下さい。

2017年8月3日木曜日

北尾トロ仕事帖2017年7月


前半は島根県まで出張したり
エネルギッシュだったけど、
中盤から、暑さが増すごとに
遊びモードが全開になり
仕事量が失速した7月だった。
東京出張は3回、4泊。
まれに見る少なさだ。
やればできるもんだな。
松本へ移住してから、
東京の夏が本当に苦手になり
なるべく用事を減らしたためだ。
あとは町中華連載のための
取材をマイペースでやっているが
もう少しピッチを上げたいところ。

       

TBSラジオ「たまむすび」
味の素の工場見学にいってみた
ダ・ヴィンチ
ラジオライフ、独楽マニア
 
<原稿>
・「夕陽に赤い町中華」第2~3回 (集英社インターナシュナルweb)
・町中華のトリセツ(談)(danchu9月号 プレジデント社)
・曲独楽部 まわして動かす我が人生 (「マニアッ区紳士録」第21回 ラジオライフ 三才ブックス 4P)
・町中華探検隊がゆく!(第25回「ことぶき食堂」(荻窪)散歩の達人9月号 交通新聞社 2P)
・「今晩泊めてくれないか 東京ヤドカリ漂流記」第2回(別冊文藝春秋 文藝春秋 30枚)
・「夕陽に赤い町中華」第4~5回 (集英社インターナシュナルweb)
・イラストレーター超入門 仕事に必要な"絵ゴコロ"って何だ!?(トロイカ学習帳 第113回 ダ・ヴィンチ KADOKAWA 5P)
・鴨と師匠と空気銃(「狩猟生活」第2号 地球丸 2P)
北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第14回(プレジデントオンライン)
・裁判所は人生劇場 第7回(法学セミナー9月号 日本評論社 2P)

<ラジオ>
・「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)
・たまむすび(TBSラジオ 7.06)

<受取材>
・「チョイ飲みできるうどん屋」(週刊SPA!)