2020年12月3日木曜日

北尾トロ仕事帖2020年11月 始まりと終わりを 一挙に



2020年11月、何があったかと振り返ると、
カレンダーは意外に白い。
中盤は移住企画の執筆なんかに追われて
家にいる時間が長かった。
車検とか狩猟関係の手続きとか
やんなやならないことも多かったし。
大統領選の行方に気をもんだりしてナ。
だから最後に来て長野3泊4日の
プライベート色濃厚な取材旅行は
結果が良かったこともあって
いい息抜きになった。
初めて行った渋温泉は気に入ったし、
志賀高原の一ノ瀬ファミリーゲレンデ前に
山ノ内大勝軒ができて、
開店前日と当日を
取材することもできた。
猟犬猟師の連載最終回は
わんこの活躍で獲物をゲット。
鳥撃ち師匠の宮澤さんと出猟することもできた。

大勝軒はこれから取材を重ねて本を作る。
猟犬猟師は連載をまとめて本にする。
だとすれば、始まりと終わりを
一挙にやったといえなくもない。
日々の仕事や〆切。
少し長いスパンの本づくり。
まだどうなるかわからないけど
興味のある題材。
この3つが揃ってる状態が
なんか好きなんだなあ。
ダ・ヴィンチでおじいさんぶりを発揮
小堀ダイスケ、ヤマドリを獲る
TBSラジオにて鈴木聖奈さんの番組に出演
うっすら雪が
味噌ラーメン旨し

開店祝いがたくさん届いていた

山ノ内町は、つけ麺の聖地という
キャッチフレーズを大胆に打ち出した

2020.11月
<原稿>
猟犬猟師と、いざ山へ。第16回
(青春と読書 集英社)
トロイカ学習帳 第153回
「おもしろい」は世代も性差も越えるのか!?
"笑う読書"は足りてますか?
(ダ・ヴィンチ1月号 KADOKAWA)
読書日記
(日刊ゲンダイ)
あこがれの関西町中華
(ミーツ・リージョナル 京阪神エルマガジン社)
「信州移住(仮)」連載用取材&執筆
(信濃毎日新聞web)

<ラジオ>
「鈴木聖奈 LIFE LAB」
(TBSラジオ11.21,11.28)


2020年11月7日土曜日

北尾トロ仕事2020.10月すさまじいほど波乱万丈


松阪にて

取材中の大伸ワークサポートにて。
ここでは廣瀬社長手作りの夕食を
自宅リビングで社員と食べるのが日課

夏前から始めた大伸ワークサポート・廣瀬伸恵社長の取材。
月に2,3回のペースで栃木市に伺う。
往復300キロ、なんだかんだで
7時間ほどになる運転は結構きつい。
が、それを上回る収穫があって、
どんどんノリが良くなってきてる。
数を重ね、対象との距離感が
小さくなっていくのが
取材の醍醐味だと思う。
ある程度打ち解けてきたところで
廣瀬さんの半生を聞き始めたが
13歳で不良デビューして以来、
レディス総長、逮捕、ムショ暮らし、
再逮捕、獄中出産などなど
すさまじいほど波乱万丈で
聞いててドキドキする。
我が身と重ね合わせて「わかる、わかる」と
なるようなこともなく、ただただ圧倒されるのだ。
なによりも、札付きのワルから
劇的に立ち直った変身ぶりが凄くて
なんというか、尊敬してしまう。
出所者の雇い入れを積極的に行う同社のことは
最近になってNHK「ハートネットTV」や「逆転人生」、
日テレ「エブリ」が取り上げた。
東京新聞、FRIDYデジタルなど
紙メディアの取材も受けている。
注目の人、ということだろう。
たまたま、それより早く廣瀬さんに会い、
「本を書きたい、全部喋ってくれ」と頼むことの
できた僕は幸運だったのかもしれない。
社員からの誕生日メッセージ

ダ・ヴィンチの取材では浅草にて人力車初体験

ボカロ製作中(友人宅)

三重の中島猪犬訓練所。櫓から訓練風景を見学。
実際にイノシシを放ち、猟犬が追いかける訓練ができる。
前後に中島さんのインタビュー。
魑魅魍魎渦巻くと言われる猟犬業界だけに
どんなもんかと思っていたのだけれど
猟犬愛にあふれた
素晴らしい方でした。

<今月の原稿>
オジサンとボカロ
(Bic Comicオリジナル 小学館)
猟犬猟師と、いざ山へ。第15回
(青春と読書 集英社)
トロイカ学習帳 第152回
イザベラ・バードに捧ぐ
旅する心を絶やさないための
Go to Book Trip!
(ダ・ヴィンチ12月号 KADOKAWA)
町中華探検隊がゆく! 最終回
(さんたつweb 交通新聞社)
「信州移住(仮)」連載用取材&執筆
(信濃毎日新聞web)

打ち上げは餃子





2020年10月11日日曜日

北尾トロ仕事帖2020年9月 「お茶ノ水、大勝軒」にしばしの別れを


イベント終わりにダースレイダーさん、高橋ユキさんと
ボカロづくりにチャレンジ
「お茶ノ水、大勝軒」がビル建て替えのため閉店

僕は相変わらず住んでいる埼玉西部にいることが多く
用がない限り都内に出ていかない生活をしてます。
それでも、っこれは行っとかなきゃいかんだろうと
足を運んだのが9月15日で閉店となる
「お茶の水、大勝軒」でした。
老朽化したビルの立て直しのため、
あらかじめ予定されていた閉店で、
消える店ではなく、
近い将来、再びお目見えすることになるでしょうが
いちおうの区切りなので
つけそば食べに行きました。
僕は店主の田内川さんとこの店を
数年来取材中で、なんかもう
他人事とは思えなくなってきてますが、
こういう長いスパンの取材って
自分が楽しくなり過ぎちゃうので
発表のタイミングが難しいんだよね。
キリがないので、そろそろ何をどう書くか
考える時期だと思いました。

取材といえば「青春と読書」で連載中の
『猟犬猟師』が大詰めに差し掛かっています。
こちらは11月15日の狩猟シーズン解禁が
節目となりそうです。
僕は今年、電子書籍をひとつ(1冊と数えるべきか迷う)
出したくらいで、肝心な時期に取材が困難だった
紙の本はたぶん出ない。
念入りに準備して、来年は何か出せたらいいと思ってます。
ラインナップは「猟犬」「移住」
「元ヤン女社長」「つけめん」
とかになるのかな。

山へ犬と猟師と遊びに行きました

犬は泳ぎが好き、は眉唾です

射撃場にて取材中
狩猟生活最新号出ました。

2020.09月
<原稿>
海外ドラマ「ペリー・メイスン」推薦コメント
(スターチャンネル)
・トロイカ学習帳 第151回
YOASOBIに学ぶOTOASOBI
文学を音楽に変身させよ!
(ダ・ヴィンチ11月号 KADOKAWA)
・猟犬猟師と、いざ山へ。第14回
(青春と読書 集英社)
・「娘娘」店主インタビュー
(S&B食品WEB)
・「信州移住(仮)」連載用取材&執筆
(信濃毎日新聞web)

<イベント>
・「傍聴人は見た!死刑判決の瞬間」
with 高橋ユキ、ダースレイダー
(FORUM90 文京区民センター)