2019年10月9日水曜日

公判スケジュールには載ってない「ビジネスマン裁判」というジャンル


なぜ元公務員はいっぺんにおにぎり35個を万引きしたのか ビジネスマン裁判傍聴記(プレジデント社)は、僕にとって久しぶりの裁判傍聴記だ。(長いので、以下は"なぜおに"と記す)

これまでに書いた本を記しておくと、「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」「裁判長!これで執行猶予は甘くないすか」「裁判長!おもいっきり悩んでもいいすか」「気分はもう、裁判長」「ぼくに死刑と言えるのか」「おっさん傍聴に行く」「傍聴弁護人から異議あり!」「恋の法廷式」。「恋の法廷式」は文庫オリジナルだったので、「なぜおに」は6年ぶりの単行本となる。
思えばたくさん傍聴してきたものだが、僕の本に他の傍聴本と異なる特徴があるとすれば、取り上げる裁判のほとんどが、一般には知られていない小さな事件であることだろう。

今回は、連載したのがプレジデントオンラインだったため、ビジネスマンに関連する事件書こうと考えた。だが、当然ながら"ビジネスマン裁判"なんてジャンルは存在しない。該当する事件かどうか判断するには、事件の経緯を聞き込む以外の方法がない。効率、ものすごく悪い。ときには、これはという事件に出会えず、過去の傍聴ノートを引っ張り出して書く、というようなこともあった。
しんどいなあ、やめてしまおうかなあと何度か思ったのだが、3年近くも続けたのは理由がある。僕はいわゆるネットメディアに連載持つのが初めてだったので、書いたものがヤフーなどに転載されて多くの人の目に触れるという広がり方も初体験だった。そういうところにはコメント欄のあるものもあり、読者が感想を書き込めるようになっている。朝アップされた記事を午後見ると、数百のコメントがついていたりするのだ。
みんな好き勝手なことを書き込んでいて、なかには筆者を罵倒するコメントもあるが、「こういう反応があるのか」と、ネットメディアビギナーの僕にはうれしく、興味深いものだった。多くの方が読んでくれたことが書籍化への後押しになったのは間違いない。

連載時はその月に傍聴した事件を書くケースが多かったが、書籍化にあたり、構成を変えている。
第1章の<ビジネスマン裁判傍聴記>は、お金編、女・酒・クスリ編、小事件編、情欲編、被告人を助ける人々編
第2章の<法廷の人に学ぶビジネスマン処世術>は、被告人(表情・外見)編、被告人(言い訳・答弁)編、弁護士編、裁判長編、検察その他編

表題のおにぎりを万引きした元公務員は第1章の小事件編に登場する。いやもう本当に聞いていて切ないというか、世の中の理不尽に目頭が熱くなる傍聴体験だった。もちろん「コイツ、悪い奴だなあ」と怒りを覚える被告人も登場するが、本書に登場する"やっちまった"被告人の多くは、どこにでもいそうな人たちである。犯罪から遠い場所にいそうな人たちが、まさかの被告人になっているのだ。
収録された文章は、法廷でのやり取りをもとに、僕の意見や感想を交えて書いたものだ。もしほかの人が同じ事件を傍聴したら、まったく別の意見になったということも十分あり得る。その意味で、「なぜおに」は僕という人間を映す鏡にもなっているのかもしれない。


北尾トロ仕事帖2019年9月 先が読めるノンフィクションなんて

大船「石狩亭」の皿ワンタン550円

「sora de ぶら~ん」宮田珠己編集長と
2019年9月
いつまでも暑い日が続き、信州に秋らしさが漂い始めたのは
9月も終盤に近づいてからのことだった。
この夏は自分としてはよく働いたほうだったので
少し暇になった感じがしたが、
私用も含めると東京に12泊し、
バタバタとはしていたのだった。

集英社の『青春と読書』に
新連載の「猟犬猟師と、いざ山へ。」が載り、
これから1年くらいは、この仕事が
ひとつの柱になっていくことになる。
いまいる猟犬が最後の相棒だと言っていた
猟師の気が変わり
仔犬が誕生するといううれしい展開になった。
僕はそんなに連載抱えるほうではなく、
ひとつひとつの仕事とじっくり
つきあっていきたいタイプだ。
ノンフィクションの仕事は、先が読めない分、
ライターとしての楽しみ(苦しみも)が多い。

個人的事情で、松本での生活が
来春までとなりそうなので、
できることはやっておきたい気持ちが強くなっている。
信州との付き合いを継続させるためにも、
これから半年の間、充実した日々を送りたい。
そんなことを考えるということは、
節目が近づいているってことなのかな。
40代は杉並北尾堂(古本屋)と裁判傍聴だった。
50代は季刊レポ、山田うどん、狩猟、町中華だった。
さて、60代はなんだろう。
答えはまだわかんない。
日々の暮らしも先が読めないほうが楽しいです。
そのぶん苦しみも…いや、それは少ないほうがいい。
中禅寺湖であひるボートを漕ぐ
ダ・ヴィンチの仕事
散歩の達人は「荻窪特集」
朝日新聞に取材された
2019.9月
<原稿>
・ヘンケン発掘ラボ 第11回
ドラえもんの世界で「純肉」は普通のコトだ
インテグリカルチャー(株)代表 羽生雄毅氏
(ラジオライフ 三才ブックス)
町中華はどこへ行く
(論点2020 文藝春秋)
トロイカ学習帳 第139回
落ち着ける場所はどこにある!?
気持ちイイ読書、気持ちワルイ読書
(ダ・ヴィンチ11月号 KADOKAWA)
荻窪特集座談会ほか 
(散歩の達人11月号 交通新聞社)
酸辣湯麺「十八番」 
(散歩の達人web 交通新聞社)
町中華タウン大船アタック大作戦PART2
(sora de ぶら~ん 湘南モノレール)
猟犬猟師と、いざ山へ。 第3回
(青春と読書 集英社)

<受け取材>
町中華特集コメント
(週刊SPA!)

<ラジオ>
「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)
しつこく温めている「蝉丸」の謡曲を鑑賞

2019年9月4日水曜日

北尾トロ仕事帖2,019,8月 猟犬猟師と2匹の仔犬

猟犬猟師のところに仔犬が生まれた!
生後1カ月
紀州犬の雑種です。
「青春と読書」10月号から連載します
今月のナンバーワンは一寸亭(千駄木)の炒飯。
リピートですけど味、見た目とも文句なしであります。
アマゾンリンク貼っときます。読んでね。
danchuの取材で浅草橋の「とんかつ藤芳」に
いき、アジフライについて書きました。
異様な写真ですけどダヴィンチ連載「トロイカ学習帳」の読書合宿です。
おっさん3人にベッドがふたつってのはどうかと思いましたけどね。
「法学セミナー」取材で名古屋へ
2019.8月
8月前半はとにかく暑くて
ナマケモノライターにはつらかったんですけど
そんな気分を吹き飛ばしてくれたのが
「猟犬猟師」絶賛取材中のFさんのところに
生まれた仔犬に会えたこと。
生後1ヶ月でヨタヨタ歩く姿は
すれっからしのオッサンの心さえ
つかんでしまうのでした。
Fさんも機嫌よくてねえ、孫が遊びに来てたんだけど
そっちより仔犬が大事なんじゃないかと思うくらい。
この取材は、「青春と読書」(集英社)にて
9/20発売の10月号から連載になります。
たいとるは『猟犬猟師と、山へ行こう。』
定価90円と破格に安いPR雑誌ですけど
入手がラクとは限らないので年間購読がおすすめ。
送料込みで900円の太っ腹。
(申込みは「青春と読書」HPより)

それから町中華関係では
おもしろいプロジェクトが始まって
ちょっとこれ、こんなことになっちゃうのって
感じなんです。まだ詳細を発表できないので
わけがわからないと思うけど、
いずれ皆さん「へぇ~」って思う日がきます。

あとは狩猟免許の更新をしたり、
ライター志願者たちに話をしたり。
盆明け以降はへばってきたのと家族の里帰りなんかもあって
なるべく自宅にいましたね。
朝から畑に収穫いったり……爺さんだね。

「お茶の水、大勝軒」志賀高原への新規出店現地訪問に同行
<原稿>
・単行本まえがき他
(プレジデント社)
・21歳。2018年猟師デビュー
(狩猟生活vol.5 山と渓谷社)
・そして人生は続く 第7回
(法学セミナー10月号 日本評論社)
・そして人生は続く 第8回
(法学セミナー11月号 日本評論社)
・アジとトンカツの最強コンビ
(danchu10月号 プレジデント社)
・トロイカ学習帳 第138回
根強い人気の理由を知りたい
自己啓発書が読者にかける魔法とは!?
(ダ・ヴィンチ10月号 KADOKAWA)
(danchu web)
・町中華探検隊がゆく!第48回 
(散歩の達人10月号 交通新聞社)
・猟犬猟師と、いざ山へ。 第2回
(青春と読書 集英社)

<受け取材>
・「また、楽しからずや」
(週刊現代8・30売 講談社)
・町中華特集インタビュー
(朝日新聞9.23朝刊)

<トーク>
・イジュウとライター
(LIGライター講座@野尻湖)

<ラジオ>
・「北尾トロのヨムラジ」
(FMまつもと)