2018年12月1日土曜日

北尾トロ仕事帖2018.11月 やれやれ腰痛勃発だ



11月は5回上京。毎週東京に行っていた。
計6泊。他に大阪日帰り出張もあったが、
松本にはけっこういたことになる。
猟期も始まり、落ち着かない気分になるのは
例年のことだ。
『ラジオライフ』で新連載が始まったのと、
『日刊ゲンダイ』で2カ月の週一書評連載、
某社の企画で"猟犬と猟師"をテーマに
取材をスタートさせたのが仕事上の動きだった。
取材先行→書くのはだいぶあと、の仕事が入ると
貧乏暇なし状態になっていくのが
ライターの宿命だ。
働いている量と収入のバランスが
取れなくなるのである。
それでもまぁ、依頼があってこその
ライター稼業。
営業が苦手な僕の信条は
”元気に動き回っていると、良い話が舞い込んでくる”
という調子のいいものなので、
この冬は猟犬の尻尾を追いかける予定。
しかし、難敵。
腰痛である。
僕はなぜかこの歳まで腰痛に苦しんだことが
なかったのだが、どうやら始まったらしい。
猟に行ってけっこう歩いたあと、
興奮していたのか腹筋50回やった
翌朝、う~んイテテテ。
これがなかなかおさまんない。
寝込むほどではないけれど、自分でわかる。
力まかせに治そうなんて無理。
もう、そういうカラダになってんだちっくしょー。
ダ・ヴィンチ取材中
日高トモキチに読めと言われ手にしたらおもしろいのなんの。
大ヒット作品だけど日刊ゲンダイにも書いてしまった。
「ラジオライフ」で新連載開始@大阪大学
山田うどんのラーメンクッカー
ビッグイシューにインタビュー掲載
ひさしぶりでビッグサイトへ
2018年11月
<原稿>
マボロシの少年時代 第36回~50回
(西日本新聞 西日本新聞社)
<新連載>ヘンケン発掘ラボ 第1回
大阪大学大学院基礎工学研究科特任講師 高橋英之
人はAIに心を開けるか
(ラジオライフ 三才ブックス)
・町中華探検隊がゆく!第40回
(散歩の達人1月号 交通新聞社)
トロイカ学習帳 第129回
女性誌の"着回し特集"に学ぶプロ根性!
本を贈って相手を喜ばす「自分の捨て方」
(ダ・ヴィンチ KADOKAWA)
北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第30回
(プレジデントオンライン)
北尾トロの偏愛食いしん本 第1回
(日刊ゲンダイ)
裁判所は人生劇場 第23回
(法学セミナー1月号 日本評論社)

<ラジオ>
・「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)
<トーク>
・僕の松本生活、狩猟生活(@恋する虜)
みんなの心が晴れますように

2018年11月1日木曜日

北尾トロ仕事帖2018年10月 いいこと、悪いことは同時進行する

「町中華探検隊が行く」で東銀座の「萬福」へ
イラストは伊野孝行さん
「法学セミナー」連載で映画『愛と法』を
文庫本打ち上げ、下関マグロ(中)、竜超(右)
秋も深まってきて、と思えば台風襲来もあった10月
上京は計3回、9泊。
湯河原出張1泊、家族旅行で奥飛騨1泊と
外泊が多かったのだが、
それ以外は松本で静かにしていたから
活発という感じはせず、むしろ
おとなしくしていた印象。

福岡県を中心に発行されている西日本新聞で
「マボロシの少年時代」が始まった。
全50回の長丁場なので、執筆は11月なかばまでかかりそうだ。
新聞コラムは前に読売で「ベストセラー快読」を
月イチくらいでやっていたが、月~金の帯は
初のこと。九州時代の話もこれまで
書いてこなかったのでとても楽しい。

そんな中、「散歩の達人」で連載中の
「町中華探検隊が行く」が単行本化決定の報。
ライター4名でやってる珍しい企画なので
町中華探検隊の著作と呼ぶのがふさわしい。
すでに『町中華とはなんだ』が出ているから2冊めか。
町中華という呼称を広めただけでもやった
甲斐があるのにこうなるとはなあ。
そりゃあ僕だってライターなのだから
こういう展開になればとは思っていたけど
思ったとおりになることってなかなかないものだ。
渋谷ユーロスペースで観た『愛と法』が良かったので
「法学セミナー」のコラムで取り上げてみた。
同誌は専門誌のため読者の反響が僕に届くことは
ほとんどないが、知人が中国新聞に載っていたという。
1面のコラムで話の枕的に使われていたのだが
こういうのがあると単純に、
読まれていることがわかってうれしくなるんだな。

ダ・ヴィンチとの「トロイカ学習帳」では
積ん読を初めてテーマにし、解消旅行と称して
湯河原まででかけた。
「ryokan tokyo」という宿の
積ん読解消パック。
食事以外はよござんした。

プライベートでは、40年来の友人サルバドール・タリが
亡くなってショックを受けた。
なんてこったよタリさん、ひどいよ。
落ち込むというのじゃなく、なんだろな、
おいてけぼり食った感じ。
かと思えば僕たち夫婦が銀婚式(結婚25年)の
節目を迎えたり凹凸の激しい月でもあった。

いいことも悪いことも同時進行するのが人生だ。
でもそんな日々の中で、
表情を失わず、感情を揺さぶられることを
怖がらずにやっていきたい。
 
 
<原稿>
・好きなコンビニ食6選
(ラジオライフ 三才ブックス)
・マボロシの少年時代 第19回~35回
(西日本新聞 西日本新聞社)
・北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第29回
(プレジデントオンライン)
・「マニアッ区紳士録」36回
イグノーベル賞受賞部
"シャイでなぜ悪い?"が発想の源
(ラジオライフ 三才ブックス)
・トロイカ学習帳 第128回 
ずっと積んどく?そろそろ読んどく?
「本好きほど積ん読が増える」の傾向と対策
(ダ・ヴィンチ KADOKAWA)
・町中華探検隊がゆく!第40回 
(散歩の達人12月号 交通新聞社)
・裁判所は人生劇場 第22回
(法学セミナー11月号 日本評論社)

<ラジオ>
・「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)
狩猟シーズンが迫ってきた

2018年10月1日月曜日

北尾トロ仕事帖2018年9月

北尾トロ仕事帖2018年9月
ラジオライフ連載はミニカーマニア
ダ・ヴィンチは少女マンガを
法学セミナーのイラスト
9月は上京2回、2泊。
これまでにない東京滞在時間の少なさだった。
移住以来、最少ではないだろうか。
松本では主に自宅にいるので、
家族からうっとおしがられたほどである。
昼寝をよくした。
仕事量はさほどじゃなかったが、
10月から西日本新聞でコラム50回連載が始まるため、
その仕込みに追われた格好。
連載開始前に半分の25本書いてほしいと言うのである。
月~金の帯連載だから、
ストックがないとあたふたしてしまうものらしい。
まあ、ぼくは売れっ子作家じゃないから、
その言葉にリアリティは感じなかったな。
そんなにあわてることないでしょう。
で、「はいはい」と頷きつつ、
20本に届けばいいやと考えていた。
「ラジオライフ」の連載『マニアッ区紳士録』が終わり、
次号から新連載に移行することが決まった。
『マニアッ区紳士録』は原稿用紙換算で400枚以上。
書籍にまとまるといいけど、
版元の三才ブックスは書籍に超慎重だから
出せる可能性は低いかなあ。
後半は西日本新聞コラム連載の準備

<原稿>
・「マニアッ区紳士録」35回 ミニカー部
究極のコンパクト車を再評価したい!
(ラジオライフ 三才ブックス)
・僕のほがらかな狩猟生活
(A&Fカタログ A&F)
・トロイカ学習帳 第127回 
ジャンプ読んでない男の小さな冒険
女もすなる少女マンガといふものを、 男もしてみむとてするなり
(ダ・ヴィンチ KADOKAWA)
・町中華探検隊がゆく!第39回 
(散歩の達人11月号 交通新聞社)
・北尾トロのビジネスマン裁判傍聴記 第28回
(プレジデントオンライン)
・裁判所は人生劇場 第21回
(法学セミナー10月号 日本評論社)
・マボロシの少年時代 第1回~
(西日本新聞 西日本新聞社)

<イベント>
・狩猟トーク&新刊サイン会(岡谷 笠原書店主催 ゲスト:小堀ダイスケ)

<受取材>
・歯について(婦人公論)
・私の転機(ビッグイシュー日本版)

<ラジオ>
・「北尾トロのヨムラジ」(FMまつもと)
アルバムから、僕の子供時代(福岡市)